【サクラローレル】栃栗毛の馬名一覧【サッカーボーイ】

栃栗毛とは栗毛より暗く、赤褐色が特徴の毛色です。

競馬界における珍しい毛色といえば白毛ですが、栃栗毛の馬が産まれる確率も500頭に1頭以下と言われ、かなり希少です。

そんな希少な毛色の中からもG Iホースを含め、数多くの名馬が誕生しています。

栃栗毛の馬名をまとめました。


サクラローレル 不屈の挑戦者 [DVD]
馬名デビュー年獲得賞金主な勝ち鞍馬名の意味
サクラローレル1994年62,689有馬記念
天皇賞春
冠名+月桂樹
マーベラスサンデー1995年60,686宝塚記念驚くべき+父名(サンデーサイレンス)より
ノンコノユメ2014年52,176フェブラリーS
ジャパンダートダービー
ノンコの夢。母名より連想
トーヨーシアトル1995年29,337東京大賞典冠名+シアトル
セタノキング1993年26,848さきたま杯
さくらんぼ記念
冠名+父名(キンググローリアス)より
デアリングハート2004年25,836クイーンS
府中牝馬S(2回)
NHKマイルCS2着
勇敢な心
コイウタ2005年23,629ヴィクトリアマイル恋歌。母名(ヴァイオレットラブ)より連想。また馬主の前川清さんが所属していたクールファイブの「恋唄」にも由来。
ザフォリア1995年23,560京都4歳特別
帝王賞3着
異母兄弟のザフォニック(フランスの競走馬)を意識した造語
エガオヲミセテ1997年23,539マイラーズカップ
阪神牝馬特別
笑顔を見せて
ダイナマイトダディ1990年23,270京成杯
中山記念
京王杯SC
爆弾親父
サッカーボーイ1987年21,940マイルCS
阪神3歳S
サッカー少年
ミスティックスター1986年16,378CBC賞
マイラーズカップ
神秘的な星
カツトップエース1980年14,707皐月賞
日本ダービー
勝つ、トップ、エース
オートキツ1954年760日本ダービー母名(トキツカゼ)からの由来と思われる。
ミオソチス1962年不明オールカマー
福島記念
忘れな草
アローエクスプレスの弟
シスターミル未出走未出走無しシスター+父名(ミルジョージ)
セイウンスカイの母
キャプテンスティーヴ1999年海外調教馬ドバイWC
(2着はトゥザヴィクトリー)
ルイビルの警察署に勤務していたスティーヴ・トンプソン警部より
チャイナロック1955年〜1956年日本の戦後競馬の大種牡馬代表産駒:ハイセイコー、タケシバオーアメリカ西海岸の観光スポット。
スポンサーリンク

同時期の名馬 サクラローレルとマーベラスサンデー

ナリタブライアンと同期のサクラローレルは1996年の天皇賞春でナリタブライアンを破り、トップホースの仲間入りをします。

一歳下のマーベラスサンデーはクラシックシーズンを前に骨折で休養しますが、1996年の復帰後は連勝を重ね、G I戦線の有力馬となります。

この二頭にマヤノトップガンを加えた三強が1997年の天皇賞春まで、古馬戦線の中心でした。

この時期に競馬を始めていた場合、古馬三強の内の二頭が栃栗毛であったということで、珍しい毛色であることに後から気付く人も多かったかもしれません。


競馬 伝説の名勝負 1995-1999 90年代後半戦 (星海社 e-SHINSHO)

栃栗毛の尾花栗毛 サッカーボーイ

サッカーボーイといえば日本初の2000メートル1分57秒台の記録や、マイルCS4馬身差独走が有名な馬です。

また見る者の目を引く尾花栗毛も特徴的でした。尾花栗毛とは栗毛の中でも、まえがみ・たてがみ・尾毛が白いものを指します。

サッカーボーイの毛色は栃栗毛であり、栃栗毛の尾花栗毛、という珍しい特徴を持った馬でもありました。

四白流星のアイドルホース ダイナマイトダディ

ダイナマイトダディは中山記念や京王杯SCという、G Iに向けた主要な重賞を勝ちながら、故障によりG Iには手が届きませんでした。

栃栗毛の四白流星という派手な容姿で、その外見からも人気を博した馬でした。

弟のトゥナンテは栃栗毛ではなく栗毛でしたが、大きくて鮮やかな流星を持ったファンの多い馬でした。

G Iではテイエムオペラオーが勝った2000年の天皇賞秋で3着に善戦しました。


馬券術 政治騎手名鑑2022 BIG BOSS!!

助手時代の藤沢和雄氏が携わったカツトップエース

2022年に定年を迎えた藤沢和雄調教師が調教助手時代に携わったのが1981年の春のクラシック二冠馬・カツトップエースです。

皐月賞を17頭立ての16番人気で逃げ切り、日本ダービーでは2番手から抜け出し、オートキツ以来の史上2頭目の栃栗毛馬のダービー馬となりました。

幼駒の頃から、四白流星の骨太な堂々とした馬体で、馬主の藤本さんが「勝つ」「トップ」「エース」の三語の組み合わせが相応しいとして名付けました。

ダート長距離の名馬 トーヨーシアトル

トーヨーシアトルは中央・地方交流戦の整備が始まった頃の1990年代後半のダート路線の名馬です。フレンチデピュティで知られるデピュティミニスター産駒として、アブクマポーロやキョウトシチーと鎬を削りました。

ダート路線を歩むきっかけとなった1996年12月の矢作川特別(1着)では、セタノキングが2着となり、栃栗毛馬のワンツーという珍しい結果のレースとなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました