【スターロッチ】スターを含んだ馬名【ムービースター】

スターを含む馬名をまとめました。牡牝問わず、たくさんの名馬に使われています。

馬名デビュー年獲得賞金(万円)主な勝ち鞍馬名の意味
スターリングローズ2000年 55,459JBCスプリント
かしわ記念
シリウスS
プロキオンS兵庫GT
純粋な正真正銘なバラ
トロットスター 1999年 47,239 スプリンターズS
高松宮記念
CBC賞
シルクロードS
早足+父名(ダミスター)
ムービースター 1988年 41,307 金鯱賞
中山記念
北九州記念
中京記念
天皇賞秋2着
映画のスター
スターキングマン2002年 40,968東京大賞典
日本テレビ盃
スター+父名(キングマンボ)
ハープスター2013年 36,024 桜花賞
阪神JF
札幌記念
ベガ(こと座の一等星)の別名
ソウルスターリング2016年 30,332オークス
阪神JF
魂を揺すぶる様な。そんな走りに期待して
マチカネキンノホシ1998年 28,275AJCC
アルゼンチン共和国杯
冠名+金の星
スターマン1993年 25,138京都新聞杯
神戸新聞杯
鳴尾記念
星の男?
クリノスターオー2012年 25,005アンタレスS
シリウスS
平安S
冠名+スターになる(人気者)+王
リンドホシ1987年24,396京王杯スプリングCきれいな星?
マイネルスターリー2007年 22,106函館記念 冠名+星のように輝く
メガスターダム2001年 21,045ラジオたんぱ杯2歳S
中京記念
メガ+スターの座
トロワゼトワル2017年20,124京成杯AH2回三ツ星(仏)
サクラスターオー1986年 18,545皐月賞
菊花賞
弥生賞
冠名+スター+王
スターバレリーナ1993年 18,050ローズS スターなバレリーナ
タフネススター 2000年 17,291 カブトヤマ記念 タフなスター
ミスティックスター1986年 16,378マイラーズC
CBC賞
神秘的+スター
スターリーヘヴン2002年 14,355ユートピアS(1600万下) 星空
スターペスシンタ2001年 14,002関越S(OP) 冠名+人名
エアギャングスター1998年 13,849いちょうS 冠名+アメリカのヒップホップデュオ
イブキニュースター1994年 13,655フラワーC 冠名+新しいスター
スピードスター1996年13,453アンドロメダS(OP)スピードスター
ホシオー2000年13,259秋嶺S星王
スターイレヴン2003年 13,171道頓堀S(1600万下) 星の11人
トーセンスターダム2013年 12,975エミレーツS
きさらぎ賞
チャレンジC
冠名+スターの座
ヒカルボシ1999年12,671新潟ジャンプS光る星
トーセンホマレボシ2011年11,588京都新聞杯冠名+誉れ星
アールスター2018年 11,064小倉記念 馬主イニシャル+星
スターエルドラード2001年 10,532福島民報杯(OP) スター+黄金郷
グリーンスターボウ 1996年 9,897 テレビ埼玉杯 冠名+星の棒?
スタープログラマー1997年 9,815サンライズS(OP) 星のプログラマー
クォークスター 2010年 9,669 セントライト記念 超新星爆発を起した後に形成される天体
イチオクノホシ 2011年 9,232 サフラン賞(500万下) 一億の星
スターサンシャイン1988年 9,063毎日杯
京都4歳特別
スター+日光
アクションスター 2012年 8,797 逆瀬川S(1600万下) 格闘など動きの激しい演技をするスター俳優
イズミスター1984年 7,819金鯱賞 冠名+星
レディステラ 1997年 7,637 フェアリーS 冠名+星
ホシコマンダー 2002年 5,479 中京2歳S(OP) 冠名+父名の一部
マンダリンスター1997年5,468京成杯官僚?+星
スターリーロマンス1998年 4,7311000万下 星のロマンス
ステラリード 2009年 4,873 函館2歳S 主演スター
ホマレボシ1960年2,006有馬記念2回
安田記念
誉れ星
スターロッチ1959年 1,137オークス
有馬記念
京王杯AH
4代母の祖父名(サンスター)+5代母名(クレイグダーロッチ)
アチーブスター1971年不明桜花賞
ビクトリアカップ
成し遂げる+スター
ステラヴェローチェ2020年現役 神戸新聞杯
サウジアラビアRC
星(伊)+速い(伊)
モズナガレボシ2019年現役小倉記念冠名+流れ星
スポンサーリンク

歴史に残る名牝スターロッチ

1960年代に牝馬として有馬記念を制したのがスターロッチです。同年にはオークスも制しています。

3歳牝馬として初めて有馬記念を制し、また抽せん馬による初めての八大競走勝利馬でもありました。

スターロッチの真価は繁殖入り後に発揮され、子孫に活躍馬が続々誕生し、サクラスターオー、サクラユタカオー、ウイニングチケットがGIを勝利しています。

未完の大器 マチカネキンノホシ

競馬界にはたくさんの未完の大器がいますが、マチカネキンノホシもその一頭です。

父がアメリカ三冠馬シアトルスルー、母がアメリカ二冠馬の全妹で所属は藤沢厩舎。デビュー前から騒がれていたマチカネキンノホシはデビュー戦で上がり33.8秒を叩き出し勝利します。

距離不足の朝日杯3歳Sを4着後、ラジオたんぱ杯でアドマイヤベガと接戦の2着。大きく期待が膨らむ若駒時代でしたが、その後は成績が安定せず、潜在能力の高さがいつも話題になっていました。

重賞を2勝したものの、本気で走っていたら時代を代表する名馬になれたかもしれません。

ダンスインザダークの弟 エアギャングスター

ダンシングキイ産駒のダンスパートナー・ダンスインザダークの弟として、1998年にデビューしたエアギャングスターは当時出世レースと言われたいちょうSを勝利し、有力3歳馬の一頭となります。

しかしその後は故障がちで、重賞では2着が一回と期待に応えたとは言えない成績でした。

馬名の「エアギャングスター」はアメリカのヒップホップデュオを由来としています。

緑の星の棒 グリーンスターボウ

期待が大きかったのが不思議な名前のグリーンスターボウ。1996年にデビューしました。

素質馬揃いの11月東京の新馬戦で、届きそうにない位置から豪脚を繰り出し、新馬勝ちを果たします。

次戦の葉牡丹賞でも他馬が止まって見える末脚で追い込んで2着。

中長距離戦線の主役になるかと思われましたが、その後は成績が安定しなくなります。

良い末脚はあるけど勝ち切れないというレースを繰り返すことになりますが、旧5歳の富士Sではエアジハードの3着に入り、重賞でも好走しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました